みなさん、はじめまして。
COMINCA TIMESのエンジニア担当の鈴木です。

今日は先日訪問したつくば市吉瀬の古民家カフェ「珈琲屋まめは」をご紹介します。



自然と調和した素敵な古民家カフェ


「珈琲屋まめは」はつくば市吉瀬のつくば文化郷内にあります。
明治初期に建てられた古民家をオーナーの岡谷さんご夫婦が蘇らせ、2010年11月にオープンしました。
「珈琲屋まめは」外観

「珈琲屋まめは」外観


「珈琲屋まめは」入口

「珈琲屋まめは」入口


手作りの看板のかかった入口を抜けて中に入ると自然いっぱいのお庭と池が。
自然に癒されるお庭

自然に癒されるお庭



ゆったりとした時間の流れる店内で味わう極上の珈琲


テラス席、1階席、2階席とあるのですが、外は少し肌寒かったので2階席に案内していただきました。
畳の落ち着く2階席

畳の落ち着く2階席


窓からはお庭が見渡せます。
窓からの景色

窓からの景色


自然の音を楽しんで欲しいという想いから2階席はあえてBGMを流していないそうです。
聞こえてくるのは川のせせらぎ、風にゆれる葉音、小鳥のさえずりだけ。
静かでゆったりとした時間が流れ、日常の喧噪を忘れさせてくれます。


本日の和菓子セットを注文。
こだわりの珈琲と本日の和菓子

こだわりの珈琲と本日の和菓子


珈琲の種類はいくつかあるのですが全てスペシャルティ珈琲という風味の素晴らしい厳選された珈琲とのこと。和菓子も老舗の和菓子屋さんから毎朝仕入れているそうです。



気付いたら夕暮れ時に。
夕暮れ時の店内

夕暮れ時の店内


夕暮れ時の店内もとても素敵でついつい時間を忘れてしまいます。


つくば文化郷内にゆっくりとくつろげる空間を


オーナーの岡谷さんご夫婦に「珈琲屋まめは」を開いた経緯を伺ったところ、茨城県出身の奥さんは小さい頃、家族でよくつくば文化郷を訪れていたとのこと。
一時期、つくば文化郷にカフェのようなゆっくりとくつろげる空間がなくなってしまったことから小さい頃に訪れたあの空間を残したいと思い、この地でカフェを開くことを決意したそうです。
今は自分がよくつくば文化郷に遊びに来ていた年齢と同い年くらいの子供たちも家族連れでまめはを訪れてくれてそれがとても嬉しいと笑顔で話してくれました。

さりげない気遣いにほっこり。

さりげない気遣いにほっこり。



帰り際、この辺りで何か他に見に行けるところがないか尋ねたところ、近くのギャラリーで絵画展が開催されているとのことで、親切にも手書きで地図まで書いてくださって、おかげで無事たどり着くことができました。

岡谷さんご夫婦の優しさとゆったりとした時間に癒されてとても素敵な週末を過ごせました。


他にもつくば文化郷内には陶芸体験のできる「陶芸舎」や手作りキャンドルの作れる「JOIE DE VIVRE」など素敵なお店がたくさんあります。

皆さんも都会の喧噪を離れてほっこりしたいときは「珈琲屋まめは」とつくば文化郷を訪れてみてはいかがでしょうか。


■「珈琲屋まめは」
〒305-0022
茨城県つくば市吉瀬1679-1 つくば文化郷内
029-857-2181
10:00〜19:00(水曜定休)
http://r.goope.jp/coffee-mameha
Writer ライター

Kazuma Suzuki

Kazuma Suzuki

旅好きWebエンジニア。海外・国内問わず様々な場所を旅してます。
粋に、一途に、ゆぅるりと。