古民家リノベーションに興味がある皆さまへ


こんにちは!
工忠(くちゅう)が古民家女子のリノベ日記第5回をお送りします。

今月は、「ちーたび」の一環としてリノベーションワークショップを開催させていただき、京都市内より株式会社カスタネットのみなさんとご家族がいらっしゃいました!
※ちーたびとは、京都府の事業で、地域で残したいもの、伝えたいことを、自分たちで小さな「旅」にします。今まで知らなかった土地に行って地元の方にダイレクトに魅力をお聞きすることで、地域のオモシロさがわかる素敵な企画です。

ちーたびのご依頼をいただいた時は、この集落の魅力を伝えることができるんかしら、と少し不安でしたが、私たちがリノベーションしている古民家の前のオーナー姉妹はるみさん・きよさんが助っ人で来てくださることになりました。

はるみさん・きよさんは40年ほど前にお嫁に行かれて、「昔のことは覚えてへん~」とおっしゃっていましたが、話をはじめると、「あそこの小山の中腹に炭焼き小屋があったねぇ~」「このあたりでイタドリ採って食べたねぇ~」「今はないけど、ここにあった家に集落の学生が集まって、高校生のお兄さん・お姉さんが勉強教えてたよ~」と私たちが知らないことをいっぱいお話してくださいました。
集落を散策している様子

集落を散策している様子


参加者のみなさんと集落を歩きながらそんな話をしていただきましたが、この地域のなりたちを知らない相方と私の方が、お2人の話に聞き入ってしまいました。
Iターンで来たといっても、私たちはよそから来た人です。少しでもこの土地のことを学び、地元の方と心をあわせるようにして、はじめて自分たちがやりたいことをさせていただきたい。そう思っています。
土筆がニョキニョキ

土筆がニョキニョキ


「そこに美味しそうなふきのとうがある!」オトナも大はしゃぎです(^^)

「そこに美味しそうなふきのとうがある!」オトナも大はしゃぎです(^^)


今の時期は、ふきのとうと土筆があぜ道にいっぱい顔を出しています。恐らく、地元の方は「見慣れた春の風景」かもしれませんが、私も含め、みなさん都会からいらっしゃったので、アドレナリンが出まくり、宝探しをしている気分でした♪
集落の神社にもお参りしました。

集落の神社にもお参りしました。


散策途中にご近所の方と出会い、世間話をしていたら梅の花をいただいちゃいました。良い香りです。地元の方と訪れた方の、こんな自然な交流ももっとできたらいいなぁ~と思います。
「持って帰るか~!」とご近所の方。

「持って帰るか~!」とご近所の方。


ゲストハウスをしようと思った理由・今までの経過をプレゼン。

ゲストハウスをしようと思った理由・今までの経過をプレゼン。


そして!本題のリノベーションです。今回は、壁塗り体験をしていただきました。私もまだ数回しかやったことないのに他の方にご指導させていただくことに~(;´Д`)
若い女性の方に、「楽しい~!意外と簡単にできるんですね、私の部屋もやってみようかな~」と言っていただけたのは嬉しかったです☆
壁塗り体験♪

壁塗り体験♪


はるみさんにも、壁塗りをお手伝いいただきました。もともとご自分の家だった、そこの壁を塗り替えていただいているのだな、と思うとちょっと胸が熱くなりました。
参加者の方と壁塗りをされるはるみさん

参加者の方と壁塗りをされるはるみさん


ゲストハウスが完成したら、いらっしゃった都会の人や海外の人に、日本の地方の良さを知っていただきたい。地方の方にも、周りにあるものが素晴らしいということを知っていただきたい。
私たちの夢への一歩となるようなイベントでした。
機会をくださったカスタネットの皆さま、ありがとうございました!
今後も、このようなイベントを作っていきたいと思います。ぜひ、ご参加ください(*^_^*)
里山ゲストハウス『クチュール』FBページ
Writer ライター

Eriko Kuchu

Eriko Kuchu

大阪でシステムエンジニアをしながら社会人大学院に通い、京都府・綾部に移住した相方と古民家を改修しています。ゲストハウスは2015年初夏に完成予定?!